ダイレクトマーケティングの基礎知識

ダイレクトマーケティングが採用されている業界とは?

ダイレクトマーケティングは今やさまざまな業界・業種で活用されていますが、やはり業界によって合う・合わないがあります。ダイレクトマーケティングが積極的に採用されている業界にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトマーケティングが採用されている業界とは? マーケティングのなかでも、伝統的手法とされるダイレクトマーケティング。メディアの発達が進んだ近年、再び注目を集めるようになりました。幅広い業界にフィットするマーケティング手法ともいわれますが、実際にはどのような分野で活用されているのでしょうか? 今回は、ダイレクトマーケティングを採用している業界に焦点を当てて解説していきます。

幅広い企業が採用している

ダイレクトマーケティングとは、商品購入や資料請求などといった、何かしらのレスポンスがあった顧客を対象とするマーケティング手法です。レスポンスのあった段階で顧客情報が手に入るため、ダイレクトメールや電子メールを用いた継続的なアプローチが可能であり、顧客との信頼関係を築きやすいことが特徴です。さらに、レスポンス率やコンバージョン率、ROIといった、効果測定と呼ばれるデータベースの分析手法を用いることで改善点が明らかになり、より円滑なアプローチが見込めるようになります。

こういった柔軟性の高さから、ダイレクトマーケティングはさまざまな業界で採用されており、今日でもよく見かけるマーケティング手法となりました。では、実際に採用している業界にはどういったものがあるのか、代表的な例をいくつかご紹介しましょう。

ダイレクトマーケティングの採用業界一覧

ダイレクトマーケティングを採用している業界例は以下の通りです。

・通信販売

「ダイレクトマーケティング=通信販売」とイメージする方も多いでしょう。通信販売とは、新聞や雑誌、インターネットなどいったメディアを通して売買を行う業種のことを指します。販売元のターゲットに沿ったメディアに広告を掲載し、そのレスポンスを待つ手法が一般的です。

・金融

広告や訪問によって見込客の確保を行い、その後、顧客に合わせた最適なサービスを提案します。具体的には、データベース上の顧客情報をもとに、企業ごとのノウハウを活かしたニーズの抽出を行い、最適なアプローチを検討・実践します。

・自動車

広告活動による新規顧客の確保はもちろん、継続的なアプローチによって、買い替えやメンテナンスの促進を図る手法が取られます。アプローチの手段は電子メールやチラシなど、企業ごとに大きく異なります。

・教育(学習塾、英会話教室など)

学生や保護者を中心とするターゲットに広告活動を行い、ニーズに沿ったサービスを提供、継続的な利用を促します。従来は紙媒体での宣伝が多い傾向にありましたが、近年はインターネットを利用した手法が増えつつあります。

適切な手法を適切な業界で

このように、ダイレクトマーケティングは幅広い業界で活用することが可能です。紹介した以外にも、さまざまな業界で採用されており、今や一般的に普及したマーケティング手法といってもいいでしょう。

業界に応じた適切なツールの使用を

ただ、ダイレクトマーケティングにもさまざまなツールがあるため、それぞれの特性を理解することからはじめなくてはなりません。高い効果を得るには、適切なツールを用いる必要がありますので、実際の活用事例を参考に、相性を確認してみるとよいかもしれません。

古くから用いられてきたダイレクトマーケティングですが、再び注目され、採用する企業が増えたのはそれだけのメリットが備わっているからだといえます。導入を検討する際は、業界と手法の相性を考え、より適切な方法を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加