ダイレクトマーケティングの基礎知識

「効果測定」ができることはダイレクトマーケティングの強み

ダイレクトマーケティングでは、顧客からのレスポンスを数値化して費用対効果を測ることが比較的容易にできます。数値化する項目や、どの数値をどのように活用するのか、といった部分をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「効果測定」ができることはダイレクトマーケティングの強み 市場の顧客ニーズは日々変化していくものであり、企業はそれに対して柔軟に施策を打たなくてはなりません。顧客からの要求も年々高まる中、今後どういった戦略を展開していけばよいのか悩んでいる方は多いでしょう。そこで、有効的な手段として挙げられるのが、ダイレクトマーケティングです。なかでも「効果測定」がもたらす効果は、このマーケティング手法の大きな強みといえます。簡単にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

費用対効果を数値化する

ダイレクトマーケティングは、顧客と企業、双方向の信頼関係を構築するマーケティング手法です。利益を追求したい企業の独りよがりではなく、あくまで顧客からのレスポンスをもとに、適切な答えを導き出します。

例えばウェブマーケティングの場合、データベースの分析を行えば、広告展開やサービス内容にどれだけの反応が得られたかを具体的な数値として把握できます。そのため、費やしたコストに対する「効果測定」が容易なのです。これは、ダイレクトマーケティングにおける大きな強みだといえるでしょう。

効果測定には何を使う?

ダイレクトマーケティングには、実際に活用した媒体や手法に応じて、効果測定を行うための指標があります。代表的な例を項目別に確認してみましょう。

・レスポンス率

広告活動に対する反応の比率です。チラシやダイレクトメールを送り購入に至った件数や、フリーダイヤルを提示し実際にかかってきた受信数などを、企業が打った広告総数から割り出します。広告活動が有効的だったかどうかを測る指標になります。

・コンバージョン率

ウェブサイトや特定ページのアクセス数から、最終成果(商品購入や会員登録など)に至った人数で割り出す比率です。サイト内の情報が購買意欲につながったのかを把握できます。

・ROI(投資利益率)

投資額に対し、どれだけの利益が生み出されたかを測る割合です。企業収益を示すことができ、純粋な営業利益が明らかになります。

結果をもとに実践を

効果測定で明らかになった数値をもとに、企業は顧客に対してより適切なコミュニケーションを図ることができます。それにより、要求が満たされた顧客は、企業に対する信頼度や満足度をぐっと高めるでしょう。

ただ、効果測定を行っても、次のキャンペーン実施時に改善が行われていなければ意味がありません。ダイレクトマーケティングに限ったことではありませんが、結果をもとにPDCA(Plan[計画]-Do[実行]-Check[評価]-Act[改善])サイクルを確実にまわしていくことが大切です。

効果測定でマーケティングのさらなる効率化を!

効果測定は、顧客ニーズを満たす大きな役割を果たします。解決の糸口が見えない問題であっても、レスポンスを数値化し分析すれば、適切な答えが導かれるはず。答えが明らかになれば、あとは実践あるのみです。ダイレクトマーケティングの強みを押さえ、企業戦略のさらなる効率化を目指してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加