ダイレクトマーケティングの基礎知識

ダイレクトマーケティングとはどんなマーケティング手法なのか?

IT技術の進歩により、効率的、かつ多くの顧客情報を得ることが出来るようになった今日、ダイレクトマーケティングはより重要度を増していると言えます。そこで今回は、数あるマーケティング手法の中でも基礎となる考え方であるダイレクトマーケティングについて、その手法や考え方をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトマーケティングとはどんなマーケティング手法なのか? ダイレクトマーケティングとは、外部の業者を介さずに直接的に(ダイレクトに)顧客からの反応を得ることを目的としたマーケティング手法のことです。アメリカのマーケターであるレスター・ワンダーマンによって提唱されたこの手法は、今日改めて注目を集めています。ここでは、その理由について解説していきましょう。

マスマーケティングの限界とそれに代わるマーケティングとは?

現在のマーケットでは、顧客の価値観の多様化や細分化が進んでいるため、テレビ、新聞などのマスメディアを利用し、同じメッセージを一律に流すマーケティングの効果が薄れてきています。

このことから、現代においては、より直接的に顧客情報を収集し、マーケティング活動に活かせる、ダイレクトマーケティングの重要性が高くなってきているのです。ビジネスを成功させ、事業を拡大するためには、活用するマーケティング手法を見直す必要があるといえるでしょう。

ダイレクトマーケティングの重要性が高くなった理由

ダイレクトマーケティングは、その相性のよさから、通信販売の業界において頻繁に利用されます。具体的な手法としては、DM(ダイレクトメール)やテレマーケティングなど、顧客側の購買行動を促すものが中心です。

そのダイレクトマーケティングでも、以前は入手できる顧客情報が限られていたことから、顧客をセグメント化することはあまりありませんでした。ゆえに、「無差別に近い状態で顧客へ販促物・情報を一斉送信する手段」というイメージを持つ方もいるかもしれません。同時に、費用対効果が低い手法であると認識する方もいるでしょう。

IT技術の進歩で効率的な販促活動が可能に

しかし、今やこの考えはまったく当てはまらなくなりました。IT技術、インターネットの進歩・普及で、実に多くの顧客情報が得られるようになり、より効率的で効果的なダイレクトマーケティングが展開できるようになったからです。

今、IT技術、インターネットを駆使してダイレクトマーケティングを行うと、効率的な販促活動が期待できます。さらに、かつてマスマーケティングにおいては多額のコストが必要だった広告・宣伝も、少額かつ広範囲にわたって行うことが可能になりました。この手法は、業界・業種による大きな差もありません。

ダイレクトマーケティングはこれからのマーケティングの基礎

これらの理由により、ダイレクトマーケティングはこれからのマーケティングにおいて、必要不可欠な存在として認識されており、ビジネスパーソンならば知識として押さえておきたい概念といえるでしょう。

ダイレクトマーケティングは、今日のようなビジネス環境、顧客の購買行動において、マーケティングのもっとも基礎となる考え方です。今後のマーケットで生き残っていくためには、上手に実践・活用していくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加