ダイレクトマーケティングの基礎知識

なぜダイレクトマーケティングを使うのか?そのメリットについて

世の中にはさまざまなマーケティング手法がありますが、ダイレクトマーケティングはさまざまな業種で広く用いられています。また、中小の企業だけでなく、世界有数の大手企業までもが、ダイレクトマーケティングを効果的に用いています。現代の企業においてダイレクトマーケティングが広く用いられる理由はどこにあるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜダイレクトマーケティングを使うのか?そのメリットについて ダイレクトマーケティングは、今や発祥国のアメリカをはじめとして、日本でも多くの企業が取り入れているマーケティング手法です。ではなぜ、世界中の有力企業の多くがダイレクトマーケティングを導入しているのか、その理由を皆さんはご存じでしょうか? 今回は、このマーケティング手法が持つメリットについて考えていきます。

現代でダイレクトマーケティングが重宝される理由とは

消費者のニーズが多様化し、企業間の競争が激しくなる昨今では、目の前の利益ばかりを追求していては市場がすぐに枯渇し、継続的な売り上げが期待できないといわれています。ターゲットを広くとることも時には重要ですが、それが必ずしも有効な戦略になるとは限りません。

 

そんな中では、ダイレクトマーケティングが担う役割は少なくないでしょう。なぜなら、ダイレクトマーケティングは特定の消費者を対象とし、有益な情報を継続的に与えることで信頼関係を築き、顧客そのものを育てるマーケティング手法。顧客を定着させて強固な基盤を築くとともに、ニーズに応える施策も展開しやすく、競争の激しい今の時代に即した手法だといえるからです。

顧客をつかむためのメリットが詰まっている

ダイレクトマーケティングのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

・費用対効果が高い

ダイレクトマーケティングは、提供するサービスに対してのレスポンスがあった顧客のみを対象とします。商品購入や会員登録をした層を分析したうえで、必要なターゲットに向けた広告費を投資するため、費用対効果がとても高いとされているのです。

・テスト(マーケティング)がしやすい

ここでのテストとは、顧客とある程度の信頼性が築けた段階で、よりターゲットを絞った広告展開やサービスの提供を行い、そこでのレスポンスを見るという検証行為を指します。もともと自社が扱う商品に興味がある人々を対象に行うため、実践的な検証が簡単にできます。

・効果測定がしやすい

ダイレクトマーケティングに伴うコストや販売数、利益率などを参考に、今後の対策を考えることができるのも大きなメリットです。施策を打つたびに数字を割り出し、悪ければ改善を、良ければさらなる効率化を目指します。軌道修正につながる柔軟性の高さは、ダイレクトマーケティングならではの特徴といえるでしょう。

効果的な施策を狙うなら特性の理解からはじめよう

ダイレクトマーケティングは、複雑な要素が絡み合うことで成り立っています。ひとつでも欠けてしまえば、全く効果が発揮されないというケースも起こりえるでしょう。

ダイレクトマーケティングのポテンシャルを存分に引き出し、適切な運用につなげるためには、その特性を十分に理解することが重要です。本質をつかみ、戦術のひとつとして理解することができれば、ビジネスチャンスを引き寄せる足掛かりにもなるかと思います。

大手有力企業が導入するのにはワケがある

数々の有力企業が導入するだけの魅力やメリットが、ダイレクトマーケティングにはあります。今後さらなる発展を遂げる可能性も秘めているため、知識として備えておいて損はありません。こちらでご紹介した内容を参考に、ダイレクトマーケティングの効果やメリットについて、理解を深めてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加